秘法使い みつ の blog

ホ・オポノポノの原点フナを学び、 『セルフアイデンティティ・和・オポノポノ』 を提唱する”フナの 秘法使い みつ” のブログ あなたの『平和』を、ここに見つけてください あなたとあなたの家族、親戚、先祖が、 いつも平和とともにありますように。

「秘法使い みつ」のブログへようこそ! ~ ホ・オポノポノの「真理」を伝えていきたい ~

ホ・オポノポノの源流は、ハワイに伝わる秘法「フナ学」ということをご存知ですか?

皆さんが親しんでいる、所謂ヒューレン博士らが広めた、「4つの言葉を言えば良い」「ウニヒピリと仲良くなろう」というホ・オポノポノは、実は一度アメリカに渡り英語版になってしまったホ・オポノポノです。

ホ・オポノポノは、フナの教えで施術を行う”カフナ”であった、故モーナ・ナラマク・シメオナ女史が創始者であり、モーナの提唱したハワイ発のものが本当の「ホ・オポノポノ」なのです。

そして本当のホ・オポノポノとは、フナの教えの中の一部です。モーナが残した「フナを学ばずしてホ・オポノポノは語れない」という言葉が本質を示しています。

真のホ・オポノポノは素晴らしいスピリチュアル手法ですが、このことを知らず、書籍やネットで調べてただ「4つの言葉」を唱えても、ビギナーズラック的なことは起こりこそすれ、効果は続きません。

それどころか、「ごめんなさい」「許してください」という言葉には、負の感情を自動的インストールしてしまうという副作用があるので、効果を感じられないまま止めてしまう(ジプシーになってしまう)方が多いのが現状だと思います。

「問題を消し去るのではなく、愛に置き換える」

消すだけではダメなのです。愛に置き換えてしまう。そうすれば、他の何にもなりようがありません。だって「愛」以上のものはないですよね?

だからこそ、みつはホ・オポノポノを、唯一無二、宇宙一のメソッドだと考えています。この素晴らしいメソッドを、その効果を知らず止めてしまう人がたくさんいる・・・

本当の効果を知ってもらいたい。

その為には、US版のホ・オポノポノではなく、ハワイ発の、モーナの、純粋なホ・オポノポノでなくてはダメなのです。

そんな思いから、”皆さんが知っている”ホ・オポノポノに欠けてしまっている必要な部分(=フナの教え)をプラスし、更に『守破離本』の考えに則った上で、日本に生まれ育った人たちの国民性にマッチした形で『和・オポノポノ』と名付けたメソッドを提唱し、ヒーリング・カウンセラーとして活動してます。

そうして、これまで多くのカウンセリングをお受けする中で一番感じるのは、「現状を良くしたい!」と心から願っているにも係らず、あれに手を出してダメ、これをやってみてダメ...と、ノウハウコレクターに陥ってしまっている方がとても多いことです。

その理由は明白で、まずは自分自身と向き合い「自分を幸せにするんだ!」と”本気で腹の底から覚悟を決める”この覚悟が無いままでは、どの手法を使っても、誰に相談しても、一時的に改善はみられるかもしれませんが、何か起これば、またすぐに元の負のループに戻ってしまう、この繰り返しを続けるだけになってしまうからです。

スピリチュアルという言葉は、少し前までは「何か怪しい...」と受け取られがちでしたが、スピリチュアルとは本来、「自分の魂に従って生きること」。世の成功者と言われる人たちは、意識的または無意識で自分の魂の求めるものに従って生きています。 それは、目に見えないだけ、私達が今まで知らなかっただけで元から人間に備わっている力。それを取り戻せたら、あなたは本来の自分で生きられる=幸せに生きられるということです。

みつが提唱する「和・オポノポノ」では、「やり方」という面で日々の祈りや使うと良いと思う言葉をお伝えこそしますが、最も重要視しているのは「あなたの在り方」です。

先の通りあなたが腹の底から「本気で自分を幸せにしたい!」と思ったら、それをサポートできる、将来に渡ってずっと使える「在り方」をお教えします。憶えるというよりも「それが本当の自分」というところまで腑に落ちしてもらう様、基本的な考え方を説いています。

この点を理解いただければ、後は何かの手法を使って特定の望みを叶えればよいのではないかと思います。ですが、真の自分の「在り方」に気づけば、今あなたが「これさせ叶えば幸せになれる!」と思っていた望み自体が、本当に自分に必要だったのか?と俯瞰して捉えられるようになると思いますよ。

それでは、あなたに『真の心の平和』がおとずれることを願って・・・ 『はい、わたしたちは今ここにいます。ワクワク』

秘法使い みつ

プロフィール
id:hihoutsukai
リンク
ブログ投稿数
82 記事
ブログ投稿日数
77 日
読者
2 人 mitsuo716 yuriporin