秘法使い みつ の blog

ホ・オポノポノの原点フナを学び、 『セルフアイデンティティ・和・オポノポノ』 を提唱する”フナの 秘法使い みつ” のブログ あなたの『平和』を、ここに見つけてください あなたとあなたの家族、親戚、先祖が、 いつも平和とともにありますように。

全集中!「炎の呼吸」動的呼吸法 ~問題の鎮魂と栄華、浄化ができる和ポノ「新・HAの呼吸法」

「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「はじめ I の祈り」「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」

 
 
こんにちはみつです。

全集中!「HA(命)水の呼吸」(7カウント法)・・・静的呼吸法をやってみましたか?

静的呼吸法を水の呼吸と言いましたが・・・「はい、和多志たちは、今ここにいます。ワクワク。」というカウントにする事で、水が流れるように自然に呼気・吸気が楽に出入りするようになりました。実践してみた皆様には是非ご感想をお聞かせください。ワクワク。

本日は・・・全集中!HA(命)「炎の呼吸」・・・4カウント動的呼吸法の物語です。ワクワク。
 
 
 
 
 
 
 
「HAの呼吸法」7カウントを知らない方の為に・・・

HA(ハ)とはハワイ語で数字の「4」のことを意味します。それ以外にも、「命」という意味もあります。
HAWAII(ハワイ)とは「神様の命の水」という意味を表しています。

今回ご紹介する呼吸法は、従来のやり方を根本的に見直し、日本人に合った「和」のテイストを盛り込みました。
さらに、呼吸と同時に浄化や、問題が起る前にいつでも対応できる準備、100%の受け取りなどを誰でも簡単に出来る様に考えました。

7カウント法は、静かに水が流れるが如くの呼吸法です。
そこに集中力を加えることで、全集中水の呼吸が出来るようになります。
 
 
4カウント法は、吸気・呼気の出入りが激しく途中に止める4カウントも短く、常に動きのある動的な呼吸法となります。
身体の芯から暖まる正に心に炎をともすような呼吸法なので、水の流れの静的呼吸法に対し、「炎の呼吸法」としました。
全集中する事で、マナという命のエネルギーを集めるパワーをアップします。
 
 
 
<実際のやり方>
始める前に両掌を擦り合わせるようにします。そして、「マナを集めて」と和ら子(わらし=潜在意識)に命令をしてください。
すると、和ら子はせっせとマナを集めてくれます。
 
呼吸法は・・・
 
・鼻で吸います
・止めます
・口で吐きます
・止めます
 
これを4カウントずつで行います。

この呼吸法は、カウント数が早いので、「1、2、3、4」と数える時、和オ・ポノポノの浄化の言の葉を使います。
正式な浄化の言の葉は「ごめんね。ゆるします。愛しあいます。ありがとう。」ですが、呼吸法を使う時は、4文字の言の葉に変えてカウントとします。
 
 
4つの言の葉・・・4カウントHAの呼吸法バージョン
 
・ごめんね・・・鼻で吸う
・ゆるして・・・止める
・あいする・・・口で吐く
・ありがと・・・止める
 
これで1ラウンドです。4ラウンドで1セットとして下さい。
4回を1セットとして、自分の目標とするマナが集まるまで繰り返して下さい。
※儀式を執り行う際は、マナの数値が最低でも200となってから行ってください。
 
 

 

☆彡 「目指せチャンネル登録1000人!」ぜひ、チャンネル登録もよろしくお願いします(๑・ิω・ิ)ノ

 
 
 
今回の動画では・・・本邦初公開、秘法で効果を発揮している奥義を一部公開しています。
 
「鎮魂法」と名付けました。
 
これは、問題としてやってくる”感情”や”出来事”を愛に置き換えて浄化し、問題そのものを愛に置き換えて消し去るという方法です。
もう一つは、「栄華法」といって、逆回転を加える事で願望や願い事が広がり・伝わり、そして叶えるという作用をします。
 
鎮魂法に関しては、既に提供している儀式(過去生の誓いや過去のトラウマを取る儀式)で実績があり、強烈なパワーを発揮することが確認されています。
 
 
しかし、栄華法の方は、「村の掟効果」がまだまだ必要です。
 
村の掟効果とは・・・
例えば、どこかの集落で、「これをすると罰があたるぞ!」とおじいちゃんおばあちゃんから言われて育つと、みんながそれを信じる=集合意識がそれを現実にする、というものです。(=フラシーボ効果)
 
ですので、この呼吸法しかり、一人でも多くの方が、「これは使える!」と信じていただく事です。
現在みつのYouTubeは、お陰様で御登録者数350名になりましたが・・・この数が増えれば増えるだけ潜在的無意識の認知という作用によって、効果が上がることになります。
 
確信値数の原理が効果を加速させるという事になるのです。みつは、和オ・ポノポノの効果を信じて疑いませんが、初めて和オ・ポノポノを知り、実践をされても効果が大きく出るようにするには、皆様の協力がなければ、なし得ないという事なのです。
 
 
動画内でもお話をしていますが、和オ・ポノポノの源流、「フナの教え」とは何か?
をお話ししておきます。
 
フナとは生き方であり、次のことを可能にします。
 
・私たち自身と他の人を癒すこと。
・意識的に痛みを回避すること。
・他の人と地球の役に立つ様に努めること。
・自らの人生を想像することに責任を負うこと。
・超意識と神格様との間に現実的で持続するつながりを持つこと。
 
 
超意識と神格様との間に現実的で持続するつながり・・・
 
何か難しいことの様に思いますが、神格様、超意識共に愛の存在で、すべての行動は愛がベースです。超意識につながる事ができるのは、潜在意識経由でないと繋がらないことを考えると、人は愛を学ぶために生まれてきたことから・・・顕在意識と潜在意識がともに愛を学び、ただひたすらに、愛することに集中する事で、超意識への道が現れるのです。
 
顕在意識と潜在意識とのコミュニュケーションがどれほど重要なのか、顕在意識から潜在意識に向けて愛を送り続けること、潜在意識から顕在意識に向けて愛を送り続けること・・・
お互いを愛する事で自愛という状態を作り上げる事で、超意識へのつながりが持てる様になります。
 
潜在意識を徹底的に学ぶことこそが、今の自分たちの大きな課題なのです。そして、この教えを数多くの方に知っていただき、日本人の常識レベルまでになることで、潜在意識というみんなが使っていない残りの90%の能力を使える様になり、自愛が溢れ、潜在意識のその能力をみんなが使うことで、今の生きにくい世界を変えられすのではないでしょうか?
 
それに対する1番の効果は・・・やはり、数の原理ということになります。
 
多くの方に知っていただくには目立つ必要もあります。次回の動画からは、超初心者にも理解ができて、直ぐに使えるアイテムやスキル・・・初めて和オ・ポノポノを知って方のための動画を配信していきます。
 
チャンネル登録がまだであれば、ぜひ ”今” ご登録をよろしく🙇‍♀️お願いいたします。
 
 
 
 
和オ・ポノポノがますます効果を発揮しますよう、みつ自身が更なるフラシーバーとして自身と確信を深めて参ります!!

 
 
 
最後までお読みただき、ありがとうございます。
みつのブログを最後までお読みいただいたあなたを・・・愛を込めてクリーニングさせていただきます。
 
また記事関するご質問はコメント欄からお気軽に♪
 
 
和多志は愛に生きます。
和多志たちと 和多志たちの家族、親戚、先祖が、永遠に平和とともにありますように。」
「終わり 愛の祈り」
「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」
 
 
 

★☆★ 秘法使い みつ サービスサイト ★☆★

カウンセリン、プログラム(メソッドや儀式)、龍体文字を販売しています。

ご興味があったら一度訪れてみてださいね。ワクワク♪ (写真をClick!)

全集中!「水の呼吸」生命エネルギー補給と浄化が一緒にできる和ポノ版マインドフルネス呼吸法

「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「はじめ I の祈り」「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」
 


 
こんにちはみつです。

今回は、HA(命)の呼吸法のお話です。

単に数を7カウントのただ単に数を数えていた習慣の呼吸法を水の流れるが如く・・・
全集中をして静的呼吸法として、そして威力のある和オ・ポノポノの『あいさつの言の葉』で数えましょう! という物語です。

それこそ、ホオ・ポノポノを始めた時からの古い習慣となっていることを、新しい習慣に変えるという自分自身でも変えることにチャレンジします。

潜在意識とのコミュニュケーションの5番目の「古い習慣を変える」
これを「どちらでもいいです」と言ったのは、このように、和オ・ポノポノは常に変化をし続けるからです。

あなたは・・・人の生き死に関わる「呼吸」を大切には扱っていますか?
みつは、最近自分の身体に対しての感謝や、身の回りのものや出来事、環境を与えてもらっていることに感謝をしています。

厳しい環境に居るからこそ、頑張れる・・・
頑張らせて頂けることに今日も感謝を・・・ワクワク。
 
 
HAの呼吸法7カウント法を知らない方の為に・・・
 
HA(ハ)とは、ハワイ語で数字の「4」のことを意味します。そして、数字以外にも「命」という意味もあります。
HAWAII(ハワイ)とは、「神様の命の水」という意味を表しています。
 
今回ご紹介する呼吸法は、従来のやり方を根本的に見直し、日本人に合った「和」のテイストを盛り込み、さらに呼吸と同時に浄化や問題が起る前にいつでも対応できる準備「100%の受け取り」を、誰でも容易に出来る様に考えたものです。

7カウント法は、静かに水が流れるが如くの呼吸法です。
そこに集中力を加えることで、全集中「水の呼吸」が出来るようになります。
 
4カウント法は、吸気・呼気の出入りが激しく途中に止める4カウントも短く、常に動きのある動的な呼吸法となります。
身体の芯から暖まる正に心に炎を灯すような呼吸法ですので、水の流れの静的呼吸法に対して、「炎の呼吸」法としました。
 
全集中する事で、マナという命のエネルギーを集めるパワーをアップします。
 
 

変化変容がどうにもとまらない和オ・ポノポノですが、本日の動画のお話の中に登場する和ポノ使い宏海さんから、前回の動画の感想をいただきました。
 
その中に「童子」を「和ら子」という言葉にするというお話をいただきました。童子という言葉も素敵ですが、「和ら子」という表現がとっても和オ・ポノポノらしい響きで、いっぺんに気に入ってしまいました。
 
和ポノ使い宏海さん から、御了解をいただき、和オ・ポノポノでは以降・・・童子「和ら子」と表記したいと思います。ワクワク。
よろしくお願いいたします。
 
 
和ポノ使い宏海さん よりのお話をシェアさせてください・・・
 
はい
和多志たちは
今、ここに居ます
ワクワク♪

おはようございます!

昨日の童子のお話しとても面白かったです!
今までインナーチャイルドとか
外国の基準の潜在意識を捉え方でした。

日本の潜在意識とは?
そこを突き詰め、ざしきわらしという発想面白かったです。
本来、子どもは神様に近い存在ですし。
ざしきわらしも神様なので♪

ヒーリンググッズと合わせて和オポノポノがどんどん形成されていってる気がします♪

ただ、わらしの童という漢字
なりたちを調べると結構怖かったです。

本来、しもべ、召使い的な意味合いもあったような…
 
わたしは、和ら子(わらし)と当て字で
普段のプログラムやブログとかで活用させていただきたいなーと思うのですが…大丈夫ですか?
 
やわらごとも呼べる
赤ちゃんぽくてかわいいな…
 
 
笑子という言葉が思い浮かびましたが、やはり優しさに溢れた女性は、男とは感性が全く違うという経験をしたお話でした。
 
 
ここから、本題の7カウントのHAの呼吸法です
 

 

☆彡 「目指せチャンネル登録1000人!」
ぜひ、チャンネル登録もよろしくお願いします(๑・ิω・ิ)ノ

 
 
 
1〜7を数えるというただのカウントのお話が、なぜかしらこんなに膨らんでしまいました。そこには和オ・ポノポノという『和』にこだわりをもった自分が、日々の生活の中で降りてくるインスピレーションが「伝えろ」「伝えろ」と叱咤されている感覚です。
 
 
みつが、どの様なポリシーで和オ・ポノポノに取り組んでいるのか、「フナの教え」について、皆さんにシェアしておきたいと思います。
 
 
フナの教え
 
フナとは生き方であり次のことを可能にします。
 
・和多志たちと自分と他の人を癒すこと
・意識的に痛みを回避すること
・他の人と地球の役に立つように努めること
・自らの人生を想像することに責任を負うこと
・超意識と神格様との間に現実的で持続するつながりを持つこと
 
 
最後の一文にある「持続するつながりを持つ」という言葉の意味に自分なりに解釈を加えると、潜在意識である「和ら子」との関係性を良好にすること・・・
 
この潜在意識の中に全てがあり、温故知新の”温故”とは、「古い記憶の中を尋ねて新しい発見をする」という創始の原始からの壮大な記憶の中に全てがあり、それを現実とつながる様に働きなさい・・・この様に捉えています。
 
 
 
 
 
今回7カウントに出てくるお話は、数の数え方。
 
順番としての数(1〜7)
 
和の数え方、一、二、三、四、五、六、七(ひ、ふ、み、よ、い、む、な、)
 
カタカムナ5首の数え方、一、二、三、四、五、マ、ワ(ひ、ふ、み、よ、い、ま、わ)
 
 
数をカタカムナの思念に当てはめて読み解きをしてみたところ、あいさつの中に隠れていた素晴らしい思念が浮かび上がりましたので、7カウント法を新たに新・・・真・・・神・・・7カウント法としました。

それでは、実際のやり方です・・・
 
 
<< 神・HAの呼吸法7カウント法 >>
 
はい、和多志たちは、今ここにいます。ワクワク。
 
という言葉を7つのブロックに分けます。
 
 
 一     二   三   四     五   六     七
①はい、 ②和多志 ③たちは、 ④  ⑤ここに ⑥います。 ⑦ワクワク。
 
数字読み
 ヒ    フ   ミ   ヨ   イ   ム    ナ
 
5首読み
ヒ    フ   ミ   ヨ   イ    マ    ワ
 
 
 
カタカムナ思念読み
数字読み
 ヒ      フ    ミ    ヨ    イ     ム    ナ 
根元から  増える  実態   新しい  伝わる    広がり   核
入・出    負   光    陽   モノ・陰         重要なモノ
 
 
5首読み
 ヒ      フ    ミ    ヨ    イ     マ        ワ (ク)
根元から  増える  実態   新しい  伝わる   受容     調和
入・出    負    光     陽   モノ・陰   重要   (ク・・・引き寄る)
 
 
この様に、数字読みと5首読み、二つの読み方があります。
  ム       ナ      
広がり     核・重要なモノ      
 
 マ       ワ (ク)
受容     調和(ク・・・引き寄る)
 
 
 
それでは、和オ・ポノポノの読み解きで紐解いてみましょう・・・
 
 一      二     三    四     五    六     七
はい、  和多志   たちは、  今  ここに  います。 ワクワク。
ヒ      フ     ミ     ヨ   イ    ム       ナ
はじめ  二位一体  三位一体    命  この時   この場所  核となる重要なモノ 
 
 
ヒ      フ    ミ    ヨ    イ     マ      ワ (ク)
はじめ  二位一体  三位一体    命  この時   広がり   調和(引き寄る) 
 
 
となります。
 
つまり、
 
「はい、  和多志   たちは、  今  ここに  います。 ワクワク」を数字読みすると・・・
 
はじまりがあり、二位一体である和多志が、三位一体となり祈ることで、命となり、この時この場所(グランディング)にいる和多志が、核となる重要なモノであるのです。
 
 
5首読みでは・・・
※和オ・ポノポノでは最後に「ワクワク」と言っていますので、『ク』も入れて読み解きます。
 
はじまりがあり、二位一体である和多志が、三位一体となり祈ることで、命となり、この時この場所(グランディング)にいる和多志が、広がり調和を(引き寄せ)るのです。
 
 
となります。
 
1〜7のカウントを、「はい、和多志たちは、今ここにいます。ワクワク」に変更するだけでこの様な意味が現れるなんて、素敵ではありませんか?


フナの教えは座学ではありません。
 
行動と実践とを通して検証して新たな想念を概念とすること。
「未知を既知にする」と言います。
生活のなかの科学といわれています。
 
ぜひやってみた感覚を、自らの体験として実感してくださいね。
 
 
 
最後までお読みただき、ありがとうございます。
 
みつのブログを最後までお読みいただいたあなたを・・・
愛を込めてクリーニングさせていただきます。
 
また記事関するご質問はコメント欄からお気軽に♪
 
 
和多志は愛に生きます。
和多志たちと 和多志たちの家族、親戚、先祖が、永遠に平和とともにありますように。」
「終わり 愛の祈り」
「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」
 
 

★☆★ 秘法使い みつ サービスサイト ★☆★

カウンセリン、プログラム(メソッドや儀式)、龍体文字を販売しています。

ご興味があったら一度訪れてみてださいね。ワクワク♪ (写真をClick!)

 
 

潜在意識超解説シリーズ(まとめ)~あなたの中の童子(潜在意識)と繋がってください!

「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「はじめ I の祈り」「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」

 
以下の文章は、モーナの動画『内なるバランス』

https://www.youtube.com/watch?v=zO76dn1Mp7E

 の最終章に書かれている一文です。
 

 

何もいらないのです。ただこころの中で実践するだけです。

ではここで一体どれだけの人が「こころ」を使っているでしょうか。
ほとんどの人がそれを 使っていません。

あなたがたとえ、ハワイ人や中国人、日本人であったとしても、
どこの国籍であったとし ても、皆、こころを持っています。

 

 

 
こんにちはみつです。

和オ・ポノポノとは・・・潜在意識との関係性の物語です。

果てしなく続くこの物語には終わりがありませんが、潜在意識との会話については・・・
これもキリがありませんので、一度まとめたいと思います。

皆さんが一番聴きたいこと、知りたいこと、そして、簡単に今すぐ出来ること・・・さらには、意味不明でなく腑に落ちる物語であることを心掛けて・・・物語ってみますね。

それでは、ここに来て・・・みつのとなりが空いていますので、ご一緒にくつろいでいてください。
 
 
声にならない・・・
 
 
 
①はじめに
ここ一連のブログや動画をみてくださった方・・・潜在意識に名前をつける様にお話をしましたがつけましたか?
 
(つけたという方にお伝えします)名前をつけたら、必ず名前をよんで愛(め)でるようにしてあげてください。
馬鹿にしたり、傷つけるような言葉を発してしまった時は、必ず言葉にして・・・
 
「馬鹿なんかじゃないよ」
「いつも一緒にいてくれて、ありがとう」
「いつも、気にかけてくれてありがとう」
「これからもずっと、愛してるからね」
 
というように、言葉にして思いを届けてください。
 
 
自分の言葉を自分の耳で聴くこと、それが、言葉による自愛の癒しです。
 
今回はあなたの事を「和多志」とします。そして潜在位意識のことを、あなたが付けた童子「〇〇〇ちゃん」としてください。
 
 
前回・前々回の記事と動画で、あらゆるものにリボンを付け、そのもののアイデンティティを癒してあげてください、とお伝えしましたが、やってみましたか?
 
ピンクリボン(女の子)、ブルーリボン(男の子)、パープルリボン(性別不明、男女共有)あなたの身の回りにある目に付くもの全てにリボンをくっつけます。
そのリボンをつける行為そのものが、ものにある童子(潜在意識)の「存在を認める」ことになります。
 
潜在意識の存在を認めるとは、感情がそこにあるということに”気づくだけ”の行為です。
承認をしないでください。
 
認めるのは「在ることだけ」で、こちらの感情を一切加えないでください・・・「あ、いるんだ」だけです。
 
良いも悪いも何もありません。
存在していることだけ・・・それでいいのです。
 
★現実問題として、リボンをつけられないものがたくさんありますよね?
例えば、大きな建物や公共施設のもの、蟻などの小動物、あまりにも小さすぎる細部レベルのものなど、どうやったってリボンを付けられない時にはいい方法があります。
 
それはイメージングです。頭の中や心の中で、ブルー・ピンク・パープルのリボンをくっつけるのです。
例えば・・・顕微鏡の中で蠢く(うごめく)たくさんの細胞一つ一つに・・・ブルー・ピンク・パープルのリボンがくっついてるというイメージをするのです(なんか可愛くないですか?)。
 
あなたの潜在意識は、リボンがついているものに『潜在意識の存在』という『そこにあるんだ』という認識を与えます。こちらがその様に観察することで、相手の状態はイメージのままになるので、存在欲求を満たしたことになります。そうすることで、潜在意識内の感情が癒されるという現象が現れてきます。
 
さらに便利で進んだ方法があります。心の中で「リボンをつける」とか「リボンをくっつける」・・・さらに進んでくると、「リボン」と言えば、何かのものごと、相手の存在を認めることという認識ができるようになってきます。
 
そうなんです。実際にリボンを貼る行為から始めて、イメージすることでリボンを貼ることが出来ることを知る。言葉にするだけで、リボンがくっつくという一連の流れの中で、あなたは自分の潜在意識の中にリボンとは存在欲求を満たすことという学びを童子(潜在意識)の中に与えたのです。
 
顕在意識の役割の一つに「潜在意識の教師役となる」ことがあります。
このリボンの行為は、正にそれを遂行したということになるのです。
 
ここまでくると・・・
 
「リボン」は、和オ・ポノポノのクリーニング(浄化)のツール(道具)の第一号
 
として認定していいでしょう。
 
 
もう一つ、今回のリボンの件では、クリーニング・ツール(浄化のための言の葉)ができました。
 
それが・・・
 
 
ブルー・ピンク・パープル です。


日本語でもいいと思いますよ・・・青(あお)桃(もも)・紫(むらさき)
ブルー・ピンク・パープル」と唱えるか「青(あお)・桃(もも)・紫(むらさき)」と唱えるか?何回唱えるのか、色の順番はどの様にすればいいのか?などなど回数や順番は皆さんが好きな様にして使ってみてください。
 
実際に、手順を踏んで・・・童子(潜在意識)が学習をしてくれて、それを現実に使ってみて、何かの変化を感じるか、現象が起きるか?などを検証していくことが、和オ・ポノポノのフナ学に通づるところです。
 
検証して効果があったら、メッセージ欄にお寄せいただくか、ご自身で大切な人や大事なお仲間と共にシェアをしてくださると嬉しく思います。
多くの方がこれには効果があるという認識が生まれる。さらに、効果効能を心から信じることが出来るとフラシーボ効果が発動して、本当にその現象が目の前に起こるのです。
 
※これを「村の掟効果」と名付けました。
このフレーズが出てきたいきさつをお話しますと・・・
とあるチャネラーが宇宙とチャネリングをした時、幼い頃からの疑問であった一つの出来事の質問をしたそうです。
 
どういう疑問かというと・・・ミミズにオシッコをかけたら、本当にオ○ン○ンが腫れ上がったのだそう。「どうして腫れたのですか?」という質問をすると・・・宇宙は「集合意識効果です」と答えたのです。
 
要はフラシーボと反対の効果です。村のみんなが集合体の意識(村の言い伝え)として認識していると、その効果を具現化する事が起きるのです。因みに、「罪が晴れる」という償いの現象が、「腫れる」ということで許されるのではないでしょうか?
 
 
童子(潜在意識)との関係を築く
自分の童子(潜在意識)から上がってくる問題にくっついている感情を否定しないことから始めます。もちろん自分自身が発する言の葉から否定を排除する様にします。
 
「どうせ、でも、だって、私なんかに・・・」この様な言葉が頭の中を過ったら、すかさず「キャンセル」と言って、否定を否定して下さいね。
 
和多志の顕在意識に上がってくるネガティブな感情は、あなたの中の「〇〇〇ちゃん」からのメッセージなのですが、感情をつかさどる「〇〇〇ちゃん」に対して馬鹿なことをするとか、嫌がる様な素振りをすると、〇〇ちゃんは絶対に見逃しません。
 
名前をつけた後に必要なことは、信頼関係を築くことです。否定をせず、〇〇〇ちゃんに対し、あなた(和多志から)の言葉で〇〇〇ちゃんのことをとても賢く思っていること、有能だと信じていること、最高に大切な存在であることを、いつも伝えて下さい。
 
※信頼を伝える行為をばかばかしく思わないでください。
とても価値のある大切な行為であることが、時間の経過と共に、心の底から湧き上がってきます。
 
 
童子(潜在意識)とコミュニケーション
和多志から童子(潜在意識)向けて、童子(潜在意識)から和多志に向けて感謝を伝え合います。
いつも一緒にいてくれること、いつも共に問題に取り組んでくれること・・・童子(潜在意識)は問題を運んできますが、その問題の中に答えを忍ばせてくることを見破って下さい。
 
答えを童子(潜在意識)以外の「外」に探しに行く行為は、実は答えを見失う行為そのものです。 
 
問題の中に答えを見出すことこそが、「問題を愛に変容させる」という和オ・ポノポノにおける妙のなせる技なのです。あなたの言葉で、感謝を贈るのです。心からの感謝でなければ〇〇〇ちゃんにも、和多志にも感謝は伝わりません。
「つもり」の感謝をいただいても何も感じません。真剣以上の感謝というあなたのスキルを磨いてください。
 

 

www.youtube.com

☆彡 「目指せチャンネル登録1000人!」ぜひチャンネル登録をよろしくお願いします(๑・ิω・ิ)ノ

 
 
 
ここまでで、ようやく準備が整いました。
 
それでは、実際に『自己へのゆるし』を執り行ってみましょう!
 
『自己へのゆるし』とは、和多志たちの中にある罪悪感を浄化するということです。
罪悪感は愛とゆるしによってのみクリーニング(浄化)されます。


どの様にしてゆるすのか?
それは和多志たちの中で・・・和多志が〇〇〇ちゃんをゆるし、〇〇〇ちゃんが和多志をゆるすことなのです。

真の潜在意識との会話術(コミニュケーション)はお互いをゆるすことによってのみ成し遂げられます。
 
少しだけ、時間をとって和多志と〇〇〇ちゃんとのゆるしの言の葉を繰り返してください・・・
 
 
 
 
和多志から〇〇〇ちゃん(君)へ
 
〇〇〇ちゃんを無条件に、そして心からゆるします。
 
和多志の大切な〇〇〇ちゃん(君)。
 
〇〇〇ちゃん(君)がどれだけ傷ついていたとしても、そして〇〇〇ちゃん(君)がどんなことをしてきたとしても・・・。
心から〇〇〇ちゃん(君)を愛しています。
 
これまで〇〇〇ちゃん(君)の言葉に耳をかさなかったことをゆるしてください。
 
〇〇〇ちゃんの言葉や直感を行動に移さなかったこと・・・無視し続けたこと・・・〇〇〇ちゃん(君)を気にかけてこなかったこと・・・〇〇〇ちゃん(君)を痛めつけたこと、全部ゆるしてください。
 
 
 
 
そして童子が落ち着いたら・・・「〇〇〇ちゃんから和多志へ」という逆バージョンを行ってください。
お互いにゆるし合うことによって、お互いの持つ根の深い罪悪感を消し去ることができます。
 
 
童子の言葉は、微かでか細い・・・およそ和多志には届かない声です。時には直感を使ったり、何度も目にするものであったり、いつもは気にならないことがふっと気になったり、「あれをしなきゃ」と思いついたり・・・これらはすべて童子からの言の葉なのです。
 
その言の葉に応える様にすることで、童子からの言葉が大きく力強く聞こえたり感じたり出来る様になります。
童子からの協力があれば、今まで使っていなかった90%もの意識の力が働き出しますので、どの様な問題や課題、試練が来ようとも、「これでいいのだ!」というバカボンのパパ風の超意識(アウマクア)が登場します。
そうなると、あなたという存在がヒーローとしての輝きに溢れる様になってきます。
 
 
 
最後に・・・童子の発する声は・・・声にならないほど小さな声です。
 
その声を聴くには心の中に静寂をもたらさなければなりません。
今まで無視してきた童子の声を和多志の心を使って聴いてあげて下さい。
 
 
 
最後までお読みただき、ありがとうございます。
みつのブログを最後までお読みいただいたあなたを・・・愛を込めてクリーニングさせていただきます。
 
また記事関するご質問はコメント欄からお気軽に♪
 
 
和多志は愛に生きます。
和多志たちと 和多志たちの家族、親戚、先祖が、永遠に平和とともにありますように。」
「終わり 愛の祈り」
「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」
 
 

★☆★ 秘法使い みつ サービスサイト ★☆★

カウンセリン、プログラム(メソッドや儀式)、龍体文字を販売しています。

ご興味があったら一度訪れてみてださいね。ワクワク♪ (写真をClick!)

 
 

公開クリーニング!そして...日本人の潜在意識は童子だったかも・・・和多志は童子

「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「はじめ I の祈り」「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」
 
 
こんにちはみつです。

今日はあなたの潜在意識に対する概念というものが・・・木っ端微塵になります。

これは、洗脳を外す作業となり、人によっては嫌悪感を伴う作業となるかもわかりません。

ハワイアン・アメリカン・ジャパニーズ・・・それぞれが表現するところの「潜在意識」って同じでしょうか?

というお話です。
 


 
今回は『フナ:三つの自己に秘められたギフト』から・・・
 
そもそもの・・・
 
さらにそのもっとそもそもの物語りからお話をしなければなりません。

 
フナの教えの書籍は、どんどん廃刊になっていき、中古の方が多くなっています・・・

 

【新品】【本】フナ:三つの自己に秘められたギフト 古代ハワイアンの教え 癒しと祝福のホ・オポノポノ アーリン・J・マクドナルド/著 ブレンダ/監訳 山崎直仁/訳
楽天市場
1,980円

 

 

 

 
58Pの中にある、以下の内容にヒントがあります。

基本となる(もしくは相棒としての)自己(ウニヒピリ )
 
基本となる自己はハワイ語でウニヒピリと呼ばれており、心理学者によって潜在意識と名付けられたものと対応しています。ウニヒピリ とはインナーチャイルドであり、私たちの中の本当に素晴らしい子供の部分なのですから!そのパートは並外れた能力を持っており、さらに多くのことを学びとることができます。また、身体的な活動のほぼ90%を司っています。
 
 
インナーチャイルド・・・基本となる自己・・・相棒としての自己、妹や弟としての自己、
無意識。これらのすべてがウニヒピリ と名付けられています。
 
 
YouTubeのニュースで少し気になるニュースが入ってきました。
少しだけお話を変更します・・・
 

 
 
最近、女性の視聴者の方が多いなって思っていたんですが、3ヶ月連続で若い女性の自殺者が急増しているというお話でした。やはり、先行きの見えない不安、家庭内での人間関係の不調和が原因で、多くの若い女性が心を病んでいると思います。
 
 
みつからのアドバイスとしては、顕在意識だけの意識で自分の現実を受け入れないでください
 
あなたがいま感じているその「辛い」という感情は、潜在意識が自分の存在を気付かせるために見せているものです。
潜在意識がそこにいることだけを認めてあげてください。
 
それだけです。承認するのではありません。ただ居ることだけを「あ、居るんだ...」ということを知るだけ・認めるだけで構わないのです。
その感情があなたの中に居場所を見つけられれば、いま心にある不安そのものが少し柔らかくなってきます。
 
そうして、右手をそっと胸に当て・・・あなたの心に向かい・・・
 
「はい。和多志は愛に生きます」
「はい。和多志は愛に生きます」
「はい。和多志は愛に生きます」


と、できれば3回優しく言ってみてください。
 
 

 

☆彡 「目指せチャンネル登録1000人!」ぜひチャンネル登録をよろしくお願いします(๑・ิω・ิ)ノ

 

 
 
実は、この言葉は過去に、みつが「もうダメかな?」って思った時に・・・自然に口を突いてでてきた言葉でした。
空を見上げてこの言葉を言ってみたら、少しだけ心の中が暖かくなり・・・その経験があったから、なんとか今まで頑張れています。
 
みつは、もともと「死ぬことくらいはかすり傷」と思っていますが、人生から逃げ出そうと思ったことはありませんが・・・
 
多分、このブログを読み続けてくださっている方は、その片鱗くらいはご存知かもしれませんが、自分でも人の3倍以上は生きているのでは?と思えるくらいの経験もしてきました。
 
そんな和多志だからこそ、もしもいまが辛すぎて、心の持っていき場が無いという方にお伝えしたいことがあります。
 
この生きにくい世界から脱出するには・・・
 
顕在意識のあなただけでは難しい
 
 
のです。
 
 
しかし、自分が潜在意識とずっと一緒にいたことを思い出せれば、必ず生きることが苦しくなくなってきます。
 
そして、和オ・ポノポノのあいさつと4つの言葉を唱える様になってくると、身の回りの人間関係は、急激に、もしくは少しづつでも必ず良くなってきますので、ぜひ取り入れてください。
 
 
母は、みつが幼少の頃、55歳で他界しました。その時、子供心に思ったことは、「自分で命を断つ人は、その寿命を母にくれればいいのに」ということでした。そして・・・なぜかその時、「どれほどの辛いことがあっても、自分は寿命は全うする!」と決心をしました。
 
辛いことから逃げたとしても、一瞬は改善したように見えて、結果的にはその問題からは逃げられないのです。
その問題を「自分がこなすべき課題」と捉えらてクリーニングしなければ、同じような問題がまた形を変えてやってきます。
 
ぜひ和オ・ポノポノを学んでください。

生きる希望がたくさん詰まっていますから。
 
 
今日は、そんな物語を話したいと思います。
 
さてさて・・・ずっと潜在意識のお話をしていると、そもそものお話に行き着く時があります、
 
基本となる自己はハワイ語でウニヒピリと呼ばれており、心理学者によって潜在意識と名付けられたものと対応しています。
 
みつのこれまでの話の中で・・・ウニヒピリ ・インナーチャイルド・ローセルフ・潜在意識、全てが同じものとして思ってきましたし、その様に表現することに何の疑問もありませんでした。
 
 

が、しかし・・・

 
 
今までの視点は顕在意識からの視点のみで、顕在意識が全てのことを理解しようとしていました。
しかし、それは不可能であると気付かなければなりません。
 
潜在意識が共にいるということに気づいた今では、潜在意識の視点でも世界を見ることができるということに気付きました。
 
潜在意識の力を借りるとは・・・潜在意識のことを正しく知る必要があります。
 
 
みつは最近、潜在意識と超仲良しです。ブルーリボンピンクリボンを付けるようになってから、みつの潜在意識がリボンをつけたものとアカコードで絆を強くした感じです。そして、様々な気付きをくれるようになりました。
 
 
さて、ここから、皆さんの既成概念を破壊するお話をはじめなければなりません・・・。
しかし、そこはみつが話すことですから・・・面白くなければなりません。
 
では、今日の物語です・・・あ、その前に、Mちゃんに伝言です。
ネバー・エンディング・ストーリは観ましたか?(単に伝言です・・・・w)
 
 
話が少し戻ります・・・
 
基本となる自己はハワイ語でウニヒピリと呼ばれており、
心理学者によって潜在意識と名付けられたものと対応しています。
 
ウニヒピリ ・インナーチャイルド・潜在意識は・・・実は・・・みんな違います。
 
ウニヒピリ・はアロハ・スピリッツです。
インナーチャイルドは西洋諸国(英語圏)のアメリカン・スピリットです。
潜在意識はアジア圏でしょうが、あえて日本のスピリットにしておきます。
 
 
インナーチャイルドという様に、子供の様な自己であるとします・・・
ハワイアンはリロ(リロ&ステッチ)の様な子供で、アメリカンはハリーポッターの様な魔法学校に通うような子供で、日本人の潜在意識は、昔の寺子屋に通うような鼻水タラタラしたような子供だと思います。
 
名前の持つものはそれぞれに個別のアイデンティティがあると言いながら、どうして、潜在意識は同じなのでしょうか?
 
例えば寺子屋にリロが学びにくると、鼻タラタラの先に居る子供は、リロを「どうぞお入りください」という許可を与えるようなことをします。これが、承認という行為です。
 
 
鼻タラタラの先に居る子供のところに同じような、鼻タラタラの子供やって来ても、「あ、そう」というそこに居て当たり前というのが存在そのものということです。そもそも顕在意識と潜在意識は「そもそも同じ一つの意識」というものなのに、どこかの学者様が、「潜在」と「顕在」という2つの別々の意識として解釈をしたのです。
 
 
もう一度、言いますね。2つの自己は、そもそもから2つではなく一つ意識なのです。
しかし、数多くの先人たちが、分離した意識という取り扱いから、2つの意識に分離されられるという概念が刷り込まれているのです。
 
ですから・・・わざわざ会話という方法でコミニュケーションを取らなければならないということになります。
 
コミニュケーションが進んでくると、分離されていた境界線がどんどんなくなっていきますので、本当は繋がっていて、一つの意識なのだけれど、役割分担で2つの意識のように思い込まされていて、作業の分担が違うだけで、そもそもはひとつの意識ということを「思い出す」ことが大切なのです。
 
これが1つ目の「ふ〜〜ん」というお話です。
「何でだろう?」と、分からない方も沢山いますので、それはそれでも、大丈夫です。
潜在意識に対する無視をやめて、常にコミュニュケーションを取ることを忘れないでください。
 
 
潜在意識、ウニヒピリ、インナーチャイルドを、子供のような存在と言っていますが・・・
逢えるとラッキーな子供がこの中にはいますよね?・・・それは、座敷童子です。
 
みつは見えない存在を見える化することが得意なので、見えるようにしてあげますね・・・
 
「はい、童子たちは、今ここにいます。ワクワク」 という宣言をすればいいのです。
 
そうすると、最初は場の空気感が乱れる感じで、今まで、無視し続けてきましたから返事を望めませんが、しばらくして慣れてくると、徐々に姿を現します。気長にコンタクトを続けることが大切です。
 
和オ・ポノポノ・・・ワクワク・プログラムのはじめの祈り・閉式の祈りを、和多志たちで、一度執り行って、さらにもう一度、童子たちは童子たち」で、昨夜からやりはじめました。
 
・「わたしは〜〜である」という宣言には大きなパワーがあります。
「わたしはわたし」と言う宣言も力のある宣言となります・・・宣言する・・・
 
「わたしは和多志」「和多志たちは和多志たち」=三位一体であることの宣言です。
 
「和多志は童子」=和多志とは潜在意識でもあるという宣言です。
 
 
 
 
うちは座敷がないので、リビング童子に出会えるようにしています。ワクワク。
 

 

 


 
最後までお読みただき、ありがとうございます。
みつのブログを最後までお読みいただいたあなたを・・・
愛を込めてクリーニングさせていただきます。
 
また記事関するご質問はコメント欄からお気軽に♪
 
 
和多志は愛に生きます。
和多志たちと 和多志たちの家族、親戚、先祖が、永遠に平和とともにありますように。」
「終わり 愛の祈り」
「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」
 
 

★☆★ 秘法使い みつ サービスサイト ★☆★

カウンセリン、プログラム(メソッドや儀式)、龍体文字を販売しています。

ご興味があったら一度訪れてみてださいね。ワクワク♪ (写真をClick!)

潜在意識は嘘をつく?! 北向き法とペンジュラムによる潜在意識との超会話術でお金のブロックを外す!

「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「はじめ I の祈り」「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」

 

こんにちはみつです。

潜在意識との会話術から、お金に対する再定義を行っています。

モーナ曰く、「経済的な癒しは最後に起こる」ということです・・・

みつには、今起こっていただかないとならなくなっていますので、ここいらで頑張ります。ワクワク。

 
 
 
 
 
「お金は石です」という質問でイエスと言われた方は、お金の定義を書き換える必要があります。


今回は、「潜在意識は嘘をつく」と・・・今までは明かさなかったことを言ってしまいました。
 
しかし、神世のルールに霊的な存在が生きている魂に向かって返事をする時、嘘をついてもいいのは2回までとされています。

3回続けては嘘をつけません。


もしも・・・守護霊を装ってあなたに接触してきた霊的な存在、と感じる・疑われる場合は、質問をしてみます。

「あなたは〇〇ですか?」
 
霊的存在が『はい』と返事をします。
 
もう一度、質問をします・・・

「あなたは〇〇ですか?」
 
霊的存在が『はい』と返事をします。
 
 
しつこくもう一度、質問をします・・・

「あなたは〇〇ですか?」
 
『・・・』
 
霊的存在が嘘をつけませんので、何も言えなくなってしまいます。
 
 
そこで・・・「名を名乗れ!」と命令してみてください。
「名を名乗れないのならここから去れ!」と命令してください。
 
 
こうすると、その守護霊を装った霊的な存在は居なくなるということです。
 
 
潜在意識は感情そのものですから、気に入らないことがよくあります。
だって、今まで無関心だったものを急に関心を寄せられても、中にはひねくれ者の潜在意識も居ますからね・・・
あなた自身が頑固者なようにです・・・w

 
ところで、潜在意識の名前は決まりましたか?
自分の名前から一部をとるとか、小さい頃のあだ名であったり、インスピレーションで降りてきた名前など、決まったらペンジュラムで確認してください。
名前に関しては、しっくりとくる名前が見つかるまで、何度変更しても構いません。
でも、早く見つけてあげてくださいね。これから先の物語の展開に非常に重要な事柄となってきます。
 
これはチャンスの前髪と一緒ですので、次回の動画のアップまでに決めておきましょう。
次回の動画は、下記に貼った今回の次の動画です。

みつ自身の変化が加速していますので、ちゃんとついて来てくださいね。ワクワク。
 
動画で様々なことを言ってますが、ブログでは、もっと大切なことをお話をしておきます。
 
ブルーリボンピンクリボンを、あなたの今いる場所から目に付くものあれやこれや全部に貼り付けていきましょう。
黙々とリボンを貼る行為そのものが、貼り付けたもののアイデンティティの感情に対して、存在欲求を満たす行為になります。
 
 
存在欲求を満たすと感情は癒されるというお話をしました。
 
 
目に映るそのもの自体の感情が見える訳ではありませんが、そのものの感情が癒されるのです。
 
するとどうなるのか?
 
これは、やってみて・・・あなた自身が体験をなさってください。
 
世の中は、2つの人種に分かれます。
 
実際ににやってみる人が約2割。
「やってみようかな?」と、あとでやろうと思って忘れてしまう・・・
これが全体の約8割です。
 
 

 

☆彡 「目指せチャンネル登録1000人!」ぜひ、チャンネル登録をよろしくお願いします(๑・ิω・ิ)ノ

 

 
 
次回の動画では、みつがプルーリボン・ピンクリボンを様々なものにくっつけてみて、実際に起こったことをシェアしていこうと思います。
 
そして、潜在意識の本当の姿・・・様々な概念を一気に取り去ってしまう物語が展開します。
※今回の動画は・・・その序章に過ぎません・・・ワクワク。
 
 
 
 
 
 
「そんなことになるの?」
 
という物語がスタートしますので、まずはリボンを作って思いつくものにドンドンつけまくってみましょう!!
 
 
 
最後までお読みただき、ありがとうございます。
 
みつのブログを最後までお読みいただいたあなたを・・・
愛を込めてクリーニングさせていただきます。
 
また記事関するご質問はコメント欄からお気軽に♪
 
 
和多志は愛に生きます。
和多志たちと 和多志たちの家族、親戚、先祖が、永遠に平和とともにありますように。」
「終わり 愛の祈り」
「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」
 
 
 

★☆★ 秘法使い みつ サービスサイト ★☆★

カウンセリン、プログラム(メソッドや儀式)、龍体文字を販売しています。

ご興味があったら一度訪れてみてださいね。ワクワク♪ (写真をClick!)

開運!龍体文字のパワーを六芒星とフトマニ図にのせて...古代文字の魅力と描き方を学ぼう!

はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「はじめ I の祈り」「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」
 
 

皆さん、こんにちは・・・みつです。

みつには「龍体文字・秘法陣アーティスト」という肩書もあるって知っていましたでしょうか?

龍体文字を語るのは久々ですが、やっていない訳ではないのです。
潜在意識系の話が忙しすぎて・・描けていないだけなのです!

じっくりと精神集中できる秘法陣を描きたい!描きたい!!という欲望だけが先走りますが・・・なぜか他のことをさせられます。
みつにスキルアップをさせない為か?これ以上の破壊力を身につけさせない為なのか?

描けば描くほどパワーアップするのが龍体文字と秘法陣です。

 
 
 
龍体文字をフトマニ図に描く・・・
 
6000年前、星の神が下ろしたフトマニ図はヲシテ文字で描かれていました。
 
 
 
 
みつは、森美智代先生から龍体文字を学びましたので、森美智代先生の龍体文字でフトマニ図を描くと・・・この様になります。
 
みつの場合、名前の色を変えたり、効果を発揮してほしい文字の色を変えたり、画面で黄色で描いてあるのは「を」という文字で、奇跡を起こす文字といわれていますので、自分の特徴として「を」(画像では黄色)の文字色を変えています。
 
 
 
書き方なのですが・・・真ん中から次の円は「とほかみゑひため」「と」を一文字書くと左回り(反時計回り)」に2つ飛ばして「ほ」2つ飛ばして「か」・・・というように左回りに回しながら・・・「め」まで描きます。
 
3番目の円は黄色い文字の左横「あ」から始まります。「あいふへもをすし」「あ」を描いた後、右回り(時計回り)に2マス飛ばして「い」2マス飛ばして「ふ」・・・2マス飛ばして・・・「し」まで描きます。
 
森先生のバージョンは、4列目と5列目は2文字ずつの言葉として描いていきます。「あ」の右側から「やま」をきすぐ左「はら」をきます。ここで左回転(反時計回り)4マス飛ばして「い」の右下のマスに「きに」すぐ左へ「ちり」・・・4マス飛ばして「ぬう」「むく」・・・・繰り返し・・・最後は「ゐさ」「なわ」で完成します。
 
森先生バージョンは、4列目5列目を4文字一度に書きますので、7回ほど回せばきあがります。
 
ここでは、もう一つのバージョンをシェアします。名前がなかったので・・・勝手に名付けました・・・
M-2(みつ)バージョンM-2バージョンと表記したり、みつバージョンと表記したりします。
M-2バージョン・・・フトマニ図の描き方なのですが・・・ここで、フトマニ図という表現もパッとしないと感じていまして、昔々、白黒テレビのその時代にアニメと実写版で、水木しげる先生原作の「悪魔くん」という物語に出てくる悪魔(メフィスト)と呼び出す魔法陣というのものがあり・・・みつはハワイの秘法を学んでいますので、魔法陣にならって・・・秘法陣と名付けました。
 
話を戻して・・・フトマニ図、秘法陣の描き方なのですが・・・
2番目の円「とほかみゑひため」・3番目の円「あいふへもをすし」は描き方が同じです。
4列目の円は「やきぬえこよゆゐ」を左回り(反時計回り)5マス飛ばしで一文字ずつ描きます。
「はちむねおそつな」を右回り(時計回り)9マス飛ばしで一文字ずつ描きます。
 
5列目の円は「まにうてけろんさ」を左回り(反時計回り)5マス飛ばしで一文字ずつ描きます。
「らりくせれのるわ」を右回り(時計回り)9マス飛ばしで一文字ずつ描きます。
 
明らかに、森先生のフトマニ図の描き方よりも、手間が4〜5倍以上かかります。
それでもその文字の描き方にこだわる理由があります。
 
とほかみゑひため」「あいふへもをすし」
「やきぬえこよゆゐ」「はちむねおそつな」「まにうてけろんさ」「らりくせれのるわ」
 
この文字の成り立ちや意味を知った時、こちらの描き方で秘法陣を描こうと決めました。
 
こちらのサイトを参照ください・・・
 
 
効果、効能だけを抜粋して書き出します・・・
 
「とほかみゑひため」
「とほかみゑひため」を5回繰り返すと秘法陣(フトマニ図)に降ろした星の神を呼びます。
「あいふへもをすし」
「あいふへもをすし」を繰り返すことで生体マトリクスの精妙エネルギーの流れを良くします
 
最初に5回「とほかみゑひため」を繰り返し、守護神の思念体を呼び出します。 「あいふへもをすし」を不調が消えるまで繰り返します。 守護神が不調の特定箇所に思念体を重ねて、素粒子の流れを良くしてくれます。
 
「とほかみゑひため・あいふへもをすし」
「とほかみゑひため・あいふへもをすし」を続けて繰り返すと宇宙の規定の力が働きます。 問題の解決を促進します。
「やきぬえこよゆゐ・はちむねおそつな」を心の中で繰り返すと容貌と臓器が良くなります。
 
まにうてけろんさらりくせれのるわ」を心の中で繰り返せば、災難なしに毎日を過ごすことができます。
 
 
みつ自身が「秘法陣」を描く時の作法として、般若心経を写経する時と同じように、禊と清めをし、描いている最中に秘法陣に息が掛からぬようにマスク着用で描いています。
 
超集中状態(ゾーン状態)に入り、描き終わった後の達成感が気持ち良いので、秘法陣にトライしてみてください。
 
先ずは、森美智代先生が提唱している<40分>ヒーラーの手を作る修行からになりますが、いかがでしょうか?
 

 

 

 

 


 

それでは、今回の動画です・・・ワクワク♪

 

☆彡 「目指せチャンネル登録1000人!」ぜひチャンネル登録をよろしくお願いします(๑・ิω・ิ)ノ

 
 
 
最後までお読みただき、ありがとうございます。
 
みつのブログを最後までお読みいただいたあなたを・・・
愛を込めてクリーニングさせていただきます。
 
また記事関するご質問はコメント欄からお気軽に♪
 
 
和多志は愛に生きます。
和多志たちと 和多志たちの家族、親戚、先祖が、永遠に平和とともにありますように。」
「終わり 愛の祈り」
「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」
 
 

★☆★ 秘法使い みつ サービスサイト ★☆★

カウンセリン、プログラム(メソッドや儀式)、龍体文字を販売しています。

ご興味があったら一度訪れてみてださいね。ワクワク♪ (写真をClick!)

 

存在を ”認める” こと自体が間違い!潜在意識の望みを知ってあなたの中のヒーローを目覚めさせる!

はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「はじめ I の祈り」「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」
 
 
こんにちはみつです。

ここのところ立て続けに「潜在意識」をテーマにしたお話や動画を公開してますが・・・

「今日のお話を最後まで読んで腑に落とせたら、多分人生がひっくり返るのでは?」
というくらい大切なお話をします。

潜在意識の話をしているときに、何故かこの話を思い出すなんて・・・
これも、潜在意識からのメッセージだと思います。
 
 
この物語は、昔々読んだことがある物語に由来するものです。
 
それは・・・「心のチキンスープ」という書籍のブルーリボンのお話です。
※ピンクのリボンは単に色分けですので、巷の撲滅運動とは一切関係がありません。
 
 

 

☆彡 「目指せチャンネル登録1000人!」 ぜひチャンネル登録をよろしくお願いします(๑・ิω・ิ)ノ

 
 
 
リボンを買いに行ったのですが、行ったお店にはありませんでした。
手芸コーナーにフェルト生地を見つけましたのでフェルトで作りました。
 

 

女性用に・・・

 

 
 
前回のブログ・・・でのお話・・・
 
いつもであれば、寝た時の姿勢と目覚めた時の姿勢が全く違うのに・・・
今朝の目覚めは、意識が何処かへ落ちて、直ぐに戻った感覚で目覚めました。
時間にして1分くらい目を瞑って目覚めた感覚です。
 
確かに3時30分には落ちていたことには間違いないのですが、「あれ?」という感覚で、部屋の中は明るくなっていて時計見ると朝の7時30分、全く動いた形跡がなく、部屋の空気が整っているというか”凛”としている感覚がしました。
 
いつもと全く違う空気感です。
 
どこか奥深い森林の夜明けの様な凛とした感覚・・・・(わかります?)確かに次元が違いました。
 
 
昨夜、寝る前に何をしたのかというと・・・
目についたありとあらゆるものに、ブルー・リボンとピンク・リボンををくっつけたのです。
 
寝る前に目に付いた物とは・・・
龍神様、象牙でできた七福神龍神様を描いたカード、龍恵子先生の絵画、御先祖様の秘法陣などなど・・・
今朝、目覚めた時、いつもの景色にピンクとブルーのリボンがあちらこちらに見えて、その姿が可愛くて思わず笑ってしまいました。
 
ここからが不思議なのですが・・・
目覚めた時の景色が、いつもとはまったく別世界の世界に見えたのです。
リボンを付けた物それぞれの潜在意識が存在を示すことで、いつもある物が少し深みを帯びて見えるのです。
いつもの形より輪郭がはっきりしている、存在感がある・・・オーラが強く出ているといった感覚です(わかるかな・・・?)。
 
この経験から、先日知ってカルチャーショックを受けた一文を、もう一度お話ししておく必要があると感じました。
かなりコアな話となりますが、この話が理解できるかできないかで、人生そのものが左右されるかもしれません・・・
 
※この一文は、読む度に受ける感覚が変わると思います。それは、あなた自身の自分自身の潜在意識との関係性、潜在意識の捉え方、潜在意識に対する理解など、その日その時、その感覚で毎回受ける印象が変わるものになるのです。
一度、読んでも理解には至りませんし、一足飛びに潜在意識を理解することは、みつであっても不可能です。しかし・・・理解が深まるに伴い、覚醒の状態や悟りの様な・・・お友達から、「どうしてそこまで達観できるの?」みたいなことを言われる様になります。
 
 
前置きが長くなりました・・・・
 
「存在欲求を満たすと感情は癒される」という言葉です。
 
ここで注意してほしい事があります。

 

存在欲求承認欲求はまったく違うもの!

 
 
 
 
だけでなく
 
承認欲求と存在欲求が混同されていて、さらに・・・存在欲求を満たすだけでよいものを、承認欲求に取り違えてしまう事で、承認弊害となってしまうという事を発見しました。
 
 
どうしてここまで、承認欲求が存在欲求を押し除けて、全てが承認欲求としてと混同されてしまう様になったのか?
それは・・・SNSで「いいね」をたくさん付けてもらう事=承認された、という思い込、そして承認がなければ存在そのものの意味がないという、無価値感を発動してしまうという、何らかのトラップ(罠)にハマってしまっているからです。
 
ハマっていることに気付いていない事が、見事にハマっているという現実です。
 
 
では、ハマってしまい気づけなくなっしまった状態をお見せしますね・・・
 
 
 
その、そもそものそもそもという・・・そもそもを観てください。
この図では、潜在意識と顕在意識が水面という境界線で分かれて見えますが、本来の顕在意識と潜在意識の関係性は、このような状態であるはずがありません。
 
潜在意識はあなた(和多志)の中にいて、水の中には居ません。そして別のものではなくそもそも一つのものです。
一つのものであれば、存在している事が当たり前なはずなのに、潜在と顕在と誰かが線引きをして分離させてくれたのです。
 
 
常に一緒にいる潜在意識を承認しなくてはいけない、ということ自体が「そもそもおかしいと気付けない」思考になっていることに気付いて下さいと言っています。
 
更に話がややこしくなるのが、自己承認欲求という言葉そのものが矛盾だということに気づきませんか?
 
 
 
存在欲求とは誰かに認めてもらうものではなく、そもそも、元々そこにいる(在る)ものです。
それをわざわざ承認する事によって、分離させてしまっているのは自分自身の思考そのものである、と言っています。
 
 
元々あるものを、なぜか承認し直さなければならないのか?という、それ自体がおかしな行為だと気付けないのです。
それゆえ、存在欲求と承認欲求を区別する事ができなくなっています。
 
今まで常に、今も、そしてこれからもずっと一緒に過ごしていく潜在意識の存在を、承認欲求を満たそうとする行為で、分離が生まれてしまいます。存在欲求を満たすと癒されるというのは、ただあるがままでいいということです。
 
「いつも一緒にいてくれてありがとう」と、潜在意識に伝えると心が温まるのは、存在そのものを認めるからで、承認欲求を満たす行為ではありません。承認欲求と勘違いして承認をすると、感情が癒されず不調和の原因となります。
 
 

今回・・・

ただ何も考えず、ブルーリボン・・・と・・・ピンクリボンをいつも目の前ある一つ一つのモノに付けるという作業を黙々と行いました。

ブルーリボン・・・と・・・ピンクリボンは、潜在意識に対し、いつも一緒にいてくれていたことに感謝を伝えるという・・・あるがままの存在を認める。

 

「いいね」というこちら側の感情で承認を与えるものではなく、そのに潜在意識が在ることを確認だけする(いいねも悪いねもない)ことです。

 

 

存在を認める=潜在意識の存在欲求が満たされる=感情が癒される。

 

 

すべてのものにはアイデンティティーがある=顕在意識+潜在意識+高次の意識=三位一体である。

感情は潜在意識の領域で、ブルーリボンピンクリボンをつけ存在を認める事で・・・何かしらの感情が癒されるという事が起こるのです。

 

 

潜在意識と顕在意識の分離に対し、「統合する」というやり方が言われていますが、そうは言っても、一般のわたしたちにとっては「そう言われたからそうなんだ」と思う以外になく・・・実は、実感として「潜在意識はまったく未知なる領域」ということではないでしょうか?

 

今回この記事を描くことによって「存在欲求」という言葉に出会え、更に潜在意識とどの様に付き合っていけば良いのか、と考えるきっかけ・気付きが得ることができました。

 

このテーマは、一度読んですぐ腑に落ちる方は少ないでしょう。更に2度、3度と読んで分かった気になっても、現実の生活の中で日々を過ごす内に、また直ぐに見失ってしまう・・・陽炎の様な課題です。

 

 

道に迷ったら、ぜひ何度も、何度でもここに立ち戻って読み返してみてください。

 

最後となりましたが・・・
男性用に・・・
 
 
 
最後までお読みただき、ありがとうございます。
 
 
みつのブログを最後までお読みいただいたあなたを・・・
愛を込めてクリーニングさせていただきます。
 
また記事関するご質問はコメント欄からお気軽に♪
 
 
和多志は愛に生きます。
和多志たちと 和多志たちの家族、親戚、先祖が、永遠に平和とともにありますように。」
「終わり 愛の祈り」
「はい、和多志たちは、今、ここにいます。ワクワク♪」
「ごめんね」「ゆるします」
「愛しあいます」「ありがとう」
 
 

★☆★ 秘法使い みつ サービスサイト ★☆★

カウンセリン、プログラム(メソッドや儀式)、龍体文字を販売しています。

ご興味があったら一度訪れてみてださいね。ワクワク♪ (写真をClick!)